カテゴリ

2020年01月23日

定期購入トラブルと広告・表示に関する法規制のポイント

化粧品や健康食品などの定期購入トラブルにどのように対応すればよいか、通信販売における広告や表示についてはどのような法規制があるかなどについてのポイントを解説しています。

定期購入トラブルと広告・表示に関する法規制(2020年1月).pdf

【目次】
1 特定商取引法の通信販売における広告ルールとその違反
 ⑴ 広告に関する行為規制(違反すれば、基本的には行政処分)
 ⑵ 広告に関する民事ルール

2 電話番号の表示
 ⑴ 特商法の通信販売における広告の表示義務で求められる表示   
 ⑵ 表示義務の違反とは・・・
 ⑶ つながりにくい電話番号と表示義務違反

3 特定商取引法の通信販売における返品特約
 ⑴ 「返品特約」とは何か
 ⑵ 単なる「返品不可」という表示の意味
 ⑶ 最終確認画面における返品特約の表示
 ⑷ 通信販売における返品特約に関する表示義務

4 アフィリエイト広告と景品表示法
 ⑴ 「景品表示法」の規制対象者
 ⑵ アフィリエイトによる不当表示   
 ⑶ 景品表示法違反の場合、どうなるか
 
5 健康増進法、薬機法の表示規制
 ⑴ 健康増進法の定める虚偽誇大表示の禁止
 ⑵ 薬機法の表示規制

6 定期購入と消費者契約法
 ⑴ 〔検討すべき点T〕定期購入における自動更新条項と消費者契約法の不当条項
 ⑵ 〔検討すべき点U〕継続購入の義務づけと消費者契約法の不当条項

7 定期購入事案の考え方(まとめ)
 ⑴ インターネット通販において、定期購入であることの明確な表示が要求されるタイミング
 ⑵ 定期購入事案におけるチェックポイント
  ア.そもそも、(何かしらの)契約は成立しているか 
  イ.アで契約が成立しているとして、成立した契約の内容は?
  ウ.成立していないはずの契約に基づく商品の送付
  エ.契約が成立している場合の法定返品権の行使
  オ.広告に関する規制違反の指摘

2019年12月09日

民泊と住宅宿泊事業法のポイント

いわゆる民泊とは何か、民泊規制に至った経緯、住宅宿泊事業法(民泊規制法)の概要と旅館業法や旅行業法との関係などについてのポイントを解説しています。

民泊の基礎知識と住宅宿泊事業法(2019年10月).pdf 

【目次】
第1 はじめに
1 民泊とは
2 民泊に関するトラブルの例

第2 民泊規制に至る背景
1 民泊の需要とトラブル
2 民泊規制前の状況
3 住宅宿泊事業法(平成29年6月成立、平成30年6月15日施行)

第3 旅館業法の枠組み
1 旅館業(対価としての宿泊料+宿泊させる+営業) ⇒許可
2 「宿泊させる」の2条件(旅館業か、不動産賃貸業か)

第4 住宅宿泊事業法
1 住宅宿泊事業法の規制対象事業者
2 住宅宿泊事業者
3 住宅宿泊管理業者
4 住宅宿泊仲介業者


2019年11月18日

キャッシュレス社会のポイント

キャッシュレス社会において必要なクレジットカード、電子マネー、QRコード決済の特徴・仕組み・注意点などについてのポイントを解説しています。

知っておきたい!キャッシュレス社会のポイント.pdf

【目次】
「キャッシュレス決済」とは
国によるキャッシュレス決済の推進
キャッシュレス決済の特徴
キャッシュレス決済と支払時期
《クレジットカード》 決済方法の特徴
《クレジットカード》 リボ払いとは何か
《クレジットカード》 リボ払いのメリット!?
《クレジットカード》 リボ払いの怖さ
《クレジットカード》 気づけば「リボ払い」?
《クレジットカード》 カード決済の仕組み
《クレジットカード》 加盟店手数料
《クレジットカード》 クレジットカードを見てみよう
《クレジットカード》 クレジットカードの不正利用
《クレジットカード》 利用にあたっての注意点(まとめ)
《電子マネー》 2つのタイプ
《電子マネー》 サーバ型電子マネーの使い方
《電子マネー》 特徴
《電子マネー》 不正利用への対応
《電子マネー》 プリカ詐欺に注意
《QRコード決済》 特徴
《QRコード決済》 現実に支払うタイミング
《QRコード決済》 店舗での使い方
《QRコード決済》 不正利用への対応
《QRコード決済》 使ってみる場合の注意点
キャッシュレス決済のまとめ

2019年11月17日

チケット不正転売禁止法のポイント

チケットの不正転売に罰則を科すチケット不正転売禁止法の概要、不正転売とは何か、消費者が気をつけるべき点などについてのポイントを解説しています。

チケット不正転売禁止法(2019年6月).pdf

【目次】
1 チケット不正転売禁止法の制定に至るまで
 ⑴ 制定の経緯
 ⑵ 制定の背景
   ア.ダフ屋行為と各都道府県の「迷惑防止条例」
   イ.チケット転売と「古物営業法」
   ウ.チケット転売と「刑法犯」
2 チケット不正転売禁止法の内容
 ⑴ 罪になる行為(@不正転売とA不正仕入)
 ⑵ 「特定興行入場券」とは?
 ⑶ 「不正転売」とは?
 ⑷ 国外で行われた行為の処罰
 ⑸ 興行主等の努力義務
3 消費者が気をつけるべきポイント
 ⑴ 転売チケットを手に入れても・・・
 ⑵ 急用等でチケットを転売したい・・・