カテゴリ

2020年02月29日

『宅建試験合格のための「ここだけ押さえる改正民法」』の連載スタート

 2020年度(令和2年度)の宅建試験からは、2020年4月施行の改正民法の内容を前提とした出題がされることになります。
 改正民法の内容は多岐にわたりますので、これまでに民法の学習をしてきた方は、民法の知識をかなり「入れ替え」しなければなりません。当然ながら、主に権利関係について、単純に過去問を解く学習では、前提となる民法自体が大きく変わっていますので、混乱してしまうことになります。
 そこで、『宅建試験合格のための「ここだけ押さえる改正民法」』として、毎週1回程度のペースで、膨大な民法改正の中から、宅建試験合格のために最低限必要と思われる知識を、分野ごとにコンパクトに紹介していきます。
 具体的には、≪改正されたポイント≫で、改正の具体的な内容と押さえておきたいポイントについて説明しています。そして、≪改正ビフォーアフター≫では、改正前と改正後の違いについて簡単に比較できるようにしています。さらに、≪問題文に出てくる表現で改正後の内容をCheck≫では、実際に問題文として出てくるような固い表現を使って改正された内容をまとめていますので、最終的にはこのような表現に慣れてください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187214295

この記事へのトラックバック