カテゴリ

2020年01月23日

定期購入トラブルと広告・表示に関する法規制のポイント

化粧品や健康食品などの定期購入トラブルにどのように対応すればよいか、通信販売における広告や表示についてはどのような法規制があるかなどについてのポイントを解説しています。

定期購入トラブルと広告・表示に関する法規制(2020年1月).pdf

【目次】
1 特定商取引法の通信販売における広告ルールとその違反
 ⑴ 広告に関する行為規制(違反すれば、基本的には行政処分)
 ⑵ 広告に関する民事ルール

2 電話番号の表示
 ⑴ 特商法の通信販売における広告の表示義務で求められる表示   
 ⑵ 表示義務の違反とは・・・
 ⑶ つながりにくい電話番号と表示義務違反

3 特定商取引法の通信販売における返品特約
 ⑴ 「返品特約」とは何か
 ⑵ 単なる「返品不可」という表示の意味
 ⑶ 最終確認画面における返品特約の表示
 ⑷ 通信販売における返品特約に関する表示義務

4 アフィリエイト広告と景品表示法
 ⑴ 「景品表示法」の規制対象者
 ⑵ アフィリエイトによる不当表示   
 ⑶ 景品表示法違反の場合、どうなるか
 
5 健康増進法、薬機法の表示規制
 ⑴ 健康増進法の定める虚偽誇大表示の禁止
 ⑵ 薬機法の表示規制

6 定期購入と消費者契約法
 ⑴ 〔検討すべき点T〕定期購入における自動更新条項と消費者契約法の不当条項
 ⑵ 〔検討すべき点U〕継続購入の義務づけと消費者契約法の不当条項

7 定期購入事案の考え方(まとめ)
 ⑴ インターネット通販において、定期購入であることの明確な表示が要求されるタイミング
 ⑵ 定期購入事案におけるチェックポイント
  ア.そもそも、(何かしらの)契約は成立しているか 
  イ.アで契約が成立しているとして、成立した契約の内容は?
  ウ.成立していないはずの契約に基づく商品の送付
  エ.契約が成立している場合の法定返品権の行使
  オ.広告に関する規制違反の指摘